Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Profile
        
 田中恵子
田中恵子の公式HP
田中恵子の公式HP
New Entries
Recent Comment
Category
著書
ひと目で好かれるための成功術
ひと目で好かれるための成功術 (JUGEMレビュー »)
遠藤 貴子,下平 久美子,田中 恵子,冨田 幸枝
Link

日本交流分析協会
日本交流分析協会

ナオミプレイス
Naomi・Place

Visit Ny Friend

Et Alors?
直井敬子さんのブログ

Archives
mobile
qrcode
RSSATOM
【日本交流分析協会年次大会 静岡】

毎年、年に一度、全国で開催される日本交流分析協会の年次大会ですが、

今年は富士山の麓の静岡で開催されました。

 

その日は朝から小雨模様でしたが、新幹線を降りると青空が広がって

いました。駅では大会スタッフがお出迎えして下さいました。

 

 

会場は東静岡駅から徒歩5分の静岡県コンベンションセンター「グランシップ」です。

  

 

全国から500名の仲間が集まり、一年振りの再会に心が躍ります。

 

今回は、エゴグラムを考案されたジョン・デュセイ博士による講演を2日間

たっぷり伺うことができました。

ジョン・デュセイ博士はエリック・バーン博士と共にTAワークをされた方で

すが、気さくで素晴らしいお人柄にお目にかかったとたんに虜になりました。

デュセイ博士から、エゴグラムについて学べることに幸せを感じます。

 

一日目は【シンプルさ」の持つ力】がテーマでしたが、利用し易くシンプルで

あることの大切さ、わかり易く伝えることの大切さに共感しました。

 

ビジネスでTAを活かしているかというデュセイ夫人のお話も大変興味深く、

一日目はアッという間に過ぎました。

 

夜のストロークパーティです。

 

2日目は【エゴグラムの理論と実践】をテーマにカップルセラピーの実践を拝見できました。

 

分科会では【オーバーラップエゴグラム】を受講し、エゴグラムが人間関係改善に有効で

あることを実感し、更に学びを深めたいと思いました。

 

 

25日には六本木教室の勉強会を開催致します。

年次大会の内容をフェードバックし、仲間と共有します。

 

 

posted by: keikotanaka | 交流分析 | 13:44 | comments(0) | - |
【Good enough mother】

秋晴の爽やかな9月末日、東京の小学校のPTA主催【家庭教育講座】に講師として

お招き頂きました。

 

当日は80名を越す熱心なお母様方が、お集り下さいました。

 

【自分を知る人ほど他人を知ることができる】

まずは、お母様にご自分のことを知ってもらうことからスタートです。

 

エゴグラムで心がどんな風に作られて行くのか、心の5つの機能などを

説明しながら、お母様自身の心の特性を理解して頂きます。

5つの自我状態の働きが、思考・感情・行動の元になり、一番高い

自我状態が反応し易いのだということを、お母様がお子さんに言いがちな

身近な例を挙げて説明するとあちこちから笑いがこぼれます。

 

 

次にストロークのお話をしました。

ストロークとは、相手の存在や価値を認めるための働きかけのこと。

ストローク体験を通じて、子供に対するNGワードなども紹介しながら

心の栄養であるストロークの大切さを感じて頂きました。

 

最後に傾聴実習を行い、子供の立場にたった反応を体験して頂きました。

 

熱心なお母様からは沢山の質問も出て、熱気の中で2時間の講座は終了しました。

 

御参加の皆様が、受講の想いを記入して下さり、80名のアンケートを電車の中で

読んでいたら、嬉しくて涙が出そうになりました。

 

講座の最後にお母様に【Good enough mother】という言葉を贈りました。

ああも言いこうも言いと、子供とかみ合わない会話をしながら、

それでも子供と向き合っているお母さんは、子供に必要なストロークを与えている

ほどよい母親と言います。

 

お忙しい中、PTAの講座に参加し、あれこれ悩みながら、子供と向き合い

よい親子関係を築こうとするお母様にエールを贈りたいです。

 

講座の帰りに、その日から封切りだった映画【ドリーム】を観ました。

様々な差別や偏見を越えてNASAでパイオニアとして活躍した女性達が描かれて

いました。女性万歳!と叫びたい一日でした。

 

 

 

 

 

posted by: keikotanaka | 交流分析 | 23:07 | comments(0) | - |
【新居に引越しました】

9月初旬に新居が完成し、引越が無事に済みました。

夫と二人でテープカットなどさせて頂き、新たな生活がスタートしました。

 

ナツハゼが出迎えてくれます。可愛くていつも声をかけてしまいます。

 

せっかくですから、快適な家にしたいと思い、使い易い収納を

考えていると、一日がアッという間です。

でも、ばっちり決まると快感!です。

しばらく収納にはまりそうです。

 

六本木教室 第9期生の2級講座が無事、終了し、先週末は、認定試験が

実施されました。インストラクターまで目指したいという熱心な皆様、

これからもご一緒に学びを続けましょう。

 

HPに第10期生募集案内を載せました。

http://keikotanaka.com/img/profile/roppongi_course.pdf

 

 

 

posted by: keikotanaka | 大好きな場所 | 16:09 | comments(0) | - |
【場に負けないプロの接客】

先日、コンシェルジュ研修を担当している企業に伺いました。

打合せ後に「スペイン料理を食べに行きましょう」と連れて行って

下さったのは小笠原伯爵邸でした。

 

 

小笠原伯爵邸は、小倉藩主だった小笠原長幹伯爵の邸宅として建てられた

スパニッシュ様式の歴史的建物です。

2000年に修復され、当時の華やかで優雅なお部屋や調度品を楽しむことが

できます。

お食事の前後にお願いすると、コンシェルジュが付いて全ての部屋を案内

して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理は、すっかり撮り忘れてしまいましたが、数枚だけ

カメラに収めました。

 

 

 

想像を超える盛り付けと、味に感激しまくりでした。

 

そして何より、感激したのが、接客です。

上品な身のこなし、お料理の説明の素晴らしさと豊富な知識が

本当に素晴らしかったのです。

何より、声をかけるタイミングの絶妙なこと。

付かず離れず、必要な時にいてくれる安心感がありました。

 

歴史的建造物をレストランにすることは、お金をかければできるのかも

しれません。しかし、その建物を活かすプロの接客があってこそ、

建物の素晴らしさが生きるのだと、改めて感じました。

また、是非行きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

posted by: keikotanaka | 接客の心 | 18:19 | comments(0) | - |
【マンガでわかる交流分析】

なんだかすっきりしない雨模様の天候が続きます。

今年は猛暑と覚悟をしていたので、なんだか拍子抜けですが、

過ぎし易くて助かっています。

 

お盆休み前に11月以降の研修の依頼を頂きました。

まだまだ先のことのように思えますが、秋は過ぎるのが早いので

今から準備を始めないとと、気持ちは逸ります。

 

私は急げのドライバーと「・・までは」のプロセス脚本を持っているので、

なんだか頭の片隅にいつも研修のプログラムやパワーポイントのことが

離れません。時間のあるうちに、なるべく楽しみながら実行しようと

思っています。

 

日本交流分析協会のインストラクターは、知識の向上のために、年2回の

勉強会に参加します。8月と2月に開催されます。

今回は漫画を使い【対話分析】と自我状態・ストローク・心理ゲーム・

時間の構造化との関係を考えました。

 

7つのジャンルを自在に使いこなせるようになるよう更に学びは続きます。

 

《マンガでわかる交流分析》が冊子になってできあがりました。

とてもよくできています。活用させていただきます。

 

 

 

 

posted by: keikotanaka | 交流分析 | 10:15 | comments(0) | - |
【笑顔に出会えたボランティアメイク】

蝉の抜け殻が急に増えたと思ったら、朝から元気よく鳴いてくれます。

まさに盛夏です💦💦💦

 

本日は、延期になっていたボランティアメイクの日。

小振りのスーツケースにメイク道具を入れて施設に向かいました。

 

 

 

久しぶりなので、覚えてくれているかしら〜とちょっと不安でしたが、

開始の時間になると、続々と集まって来て下さいました。

 

骨折で多くの方のお世話になった私です。優しい声掛けや肌へのストロークに

本当に助けられました。そのことを身にしみて感じた私だからできる接し方が

きっとあるはずです。そんな想いを込めてメイクをさせて頂きました。

 

「鏡を見せて〜」と言って、何度も何度も嬉しそうに微笑む姿に

幸せを感じます。

 

入居者の息子さんがいらしていて、お母様が綺麗になる様子を、

「よかったね〜良かったね〜」と嬉しそうに見ている姿が印象的でした。

メイク後にお二人並んで撮った写真は、温かさが溢れていました。

 

 

posted by: keikotanaka | メイク | 22:47 | comments(0) | - |
【食卓に彩りを カービング講座に参加しました】

色は見ている人に様々な影響を与えます。

食卓を彩る野菜達でつくるカービング講座に

以前から参加したいと思っていました。

先生はインドにお住まいで、この講座のために日本にお帰りになります。

 

先生の素晴らしい作品がお迎えしてくれました。

 

 

 

不器用な私ですが、丁寧なご指導のおかげで何とか完成です。

細かい所は多めに見て頂き、まずは初作品を楽しみます。

 

 

全員分をテーブルの中央に並べると、こんなに華やかに美しい〜

 

 

帰宅し、食卓のテーブルに置くと、明るくなり家族からの「凄いね〜」とストローク。

改めて色の持つパワーを感じます。

カービングナイフも譲って頂き、様々な野菜で練習します。

 

 

posted by: keikotanaka | カラーコーディネート | 10:16 | comments(0) | - |
【空へ 音楽の旅 50th】

学生の頃、真夜中になると聴くラジオの番組がありました。

海外に行ったことがなかった私には、まだ見ぬ世界がそこにあり、

胸をワクワクさせながら、いつか自分が大空に舞う事を夢見ていました。

 

 

1967年の7月3日にJET STREMはスタートし、昨夜で50周年を迎えました。

特別番組が放送されましたが、前半のRoad to 50th Flightは、懐かしの城拓哉さんの

声でスタートしました。

海外旅行が憧れだった時代から成田空港が出来てB747で多くの乗客を運ぶように

なった時代の話しなどを聴いていると、当時の想いが溢れてきます。

 

息子は、同じく受験勉強中に毎日聴いていたそうで、

「世代を渡って一緒に聴ける番組って貴重だよね」なんて言っていました。

 

言葉と音楽の力ですっかり釘付けにされました。

安心して旅ができる世界平和が続きますように。

安全に空のフライトが続きますように。

 

 

posted by: keikotanaka | 大好きな場所 | 11:50 | comments(0) | - |
【上を向いていこう!】

早いもので今年も半年が過ぎました。

今年の前半はいかがでしたか?

 

昨日の6月30日は夏越し大祓いに参列してきました。

 

知らず知らずに犯してしまっている罪や不正、不純な物を払い清め、

心身共に一新して後半の健康と厄除を祈願するものです。

境内の紫陽花が美しかったです。

 

 

 

大祓式では、茅の輪の中を「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)命延ぶというなり」

と唱えながら3度くぐります。

 

昨日は、雨が降りそうでしたので、拝殿の中で行われました。

人形(ひとがた)に自分の息を吹きかけ、身体を撫でて罪やけがれを移し、

神様に納めたのですが、その時だけ拝殿を風が吹き抜けたのです。

とても不思議な感覚でした。

御神木からもパワーを頂きました。

最後に神主さんからこんなお言葉をいただきました。

「人の身体の中で一番どこに悪しき物が付き易いかというと、それは首の後ろです。

 うなだれて首を下に向けていると駄目!、前を向いて気持ちを上向きにしていると

 悪しき物が付きにくいのです」

 

そうです! 後半も上を向いて進みましょう!

 

 

 

posted by: keikotanaka | 魅力UPの秘訣 | 18:17 | comments(0) | - |
【説明する力】

 梅雨に入ったというのに雨があまり降らないですね。

でも、私は外出するのにとても助かっています。

 

南高梅を買ってきました。

毎年、梅を甘く煮ます。

ヨーグルトメーカーに入れお砂糖を入れて10時間煮ると、

こんなにとろとろになり、梅エキスたっぷりの梅が出来上がります。

 

疲れている時には何より元気になりますし、梅エキスは炭酸水で割っても

焼酎で割っても最高です。

一年分を冷蔵庫に保存します。この季節は、ヨーグルトメーカーはフル稼働です。

 

足のリハビリには2週間に一度の割合で通っています。

私の担当の理学療法士は、きちんと現状を説明してくれます。

これって患者にとっては本当に大切な事だな〜と思います。

 

足のこわばりと筋肉の関係とか、手術と筋肉の関係など、

筋肉と血液の流れとか、足の仕組みなどをわかり易く説明してくれます。

説明を受けると、自宅での取り組み方や効果が違ってきます。

 

改めて自我状態のAの機能を働かせることの重要性を感じます。

そして説明を受ける患者と理学療法士は対等で、

「こんな説明してもわからないだろう」とか

「どうせ言ったってやらないだろう」という値引きは存在しません。

お互いの信頼関係があって、よい結果に繋がるのです。

 

 

 

 

 

 

posted by: keikotanaka | 交流分析 | 15:12 | comments(0) | - |