Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
        
 田中恵子
田中恵子の公式HP
田中恵子の公式HP
New Entries
Recent Comment
Category
著書
ひと目で好かれるための成功術
ひと目で好かれるための成功術 (JUGEMレビュー »)
遠藤 貴子,下平 久美子,田中 恵子,冨田 幸枝
Link

日本交流分析協会
日本交流分析協会

ナオミプレイス
Naomi・Place

Visit Ny Friend

Et Alors?
直井敬子さんのブログ

Archives
mobile
qrcode
RSSATOM
【ドラマから学ぶ心理学】

気分的に落ち着かない7月でした。

 

そんな中、あるドラマがスタートしました。

 

タイトルは「はじめまして愛しています」です。

 

それは、子どものいない夫婦が、親に捨てられた見ず知らずの5歳の男の子を

自分たちの子どもにしようと決断し“本当の家族”になろうと奮闘する6カ月の物語。

男の子は笑わず、しゃべらず、名前もありません。

一切の感情を失くした子どもに夫妻が苦慮するす過程が見事に描かれています。


まだスタートして4話が終わったところですが、

試し行動・赤ちゃん返りなど毎回目が離せません。

 

生まれた時からいっさいの愛を受けずに育った5歳の子供は、こんな自分でも

愛してくれるのかを試すために、ジュースをこぼしたり物を壊したり、様々な

イタズラを続けます。

交流分析の無条件ストロークを求めての行動です。

自分の存在や価値が受け入れられたと思ったとたん、その行動は止まります。

 

今週は赤ちゃん返りがおこりました。

母親にしがみついて離れない子供に、夫妻は「この子を出産しよう」と決めます。

母親のお腹の上に子供を乗せ、本当の出産のように子供が生まれてくることを願い

出産します。そして母親のお腹にかけられた布団から出てきた子供に向かい

「はじめまして愛しています」と涙を溜め抱きしめるのです。

とても感動的な瞬間でした。

その後、赤ちゃんからの一通りの通過儀礼をこなして5歳児になっていきます。

 

 

交流分析を学び始めた時に、記録映画「セカンド・チャンス」を見ましたが

人はストロークを求め生きる存在で、ストロークなしには健全には生きる事が

できないことを改めて学ばせてくれるドラマです。

 

これからの展開がますます楽しみです。

 

 

 

posted by: keikotanaka | 交流分析 | 23:51 | comments(0) | - |